トップへ » 当院の特徴と診療科目 » デンタルドック » デンタルドックの流れ

デンタルドックの流れ

詳細な検査からスタートし、治療方針は患者さまが選択
当院でおこなわれる「デンタルドック」は、次のような流れでおこなわれます。

まず、来院された患者さまに、次の点を確認します。
【1】痛みのある、気になる部分だけ治療を希望する
【2】痛みや気になる部分だけでなく、お口全体の治療、検査を希望する

【2】を選択された患者さまには、デンタルドックをおススメするのですが、その内容は次のようになります。

デンタルドックアポイント1回目【診査】
ここでは、何のためにどのような検査を行うのか、患者さまにしっかり説明し、理解していただき、検査に入ります。
検査内容としては、

・レントゲン診査
・虫歯の検査
・歯周病の検査
・顎関節の検査
・歯の模型の型採り
・口腔内写真撮影
・CT撮影(希望されない場合、または当院が不要と判断した場合は撮影いたしません)

などになります。

デンタルドックアポイント2回目【報告】
アポイントの2回目では、検査結果の報告をさせていただきます。1回目で撮影した口腔内写真や歯型模型、治療例の写真、CT画像などを見ていただき、現在のご自身のお口の中の状態を正しく理解していただきます。

とくにCT映像は、口腔内の状態を立体的に映し出し、回転させながら見ていただくことができ、実感できる説明が可能です。

このように、患者さまに充分な理解を持っていただいた上で、患者さまの治療に対するご希望をうかがいます。

アポイント3回目【治療計画の提示】
アポイントの3回目では、アポイント2回目の時にうかがった患者さまの希望をふまえた上で、当院が最善と考える『治療計画』を提示いたします。この『治療計画』をもとに、さらに「治療期間」や「費用」もまじえたお話しをさせていただき、最終的に患者さまとともに治療計画を決定していきます。

「治療内容」、「治療方法」、「治療期間」、「費用」

以上の点に、患者さまの同意が得られれば、実際の治療へと進みます。

当院にて導入しております患者説明用システム(パックスシステム)についてインタビューを受けた時の記事が、日本の歯科医の間で最も評価の高い専門雑誌「ザ・クインテッセンス」に掲載されました。

【デンタルドックのより詳しい内容はこちらから】


トップへ » 当院の特徴と診療科目 » デンタルドック » デンタルドックの流れ


コールバック予約

PAGE TOP