トップへ » 当院の特徴と診療科目 » 一般歯科(無痛治療) » 徹底した無痛治療へのこだわり

徹底した無痛治療へのこだわり

無痛治療

患者さまが望んでいるのは、〝確かな治療技術〟にあることは間違いないことだと思います。そしてもう1つ、患者さまが望まれる大切なポイントがあります。それは、〝痛くない治療〟です。

肌に感じる感覚と比べて、お口の中はとてもナイーブです。だからこそ、「痛くない」治療が望まれます。とくに麻酔の際には、歯痛に加えて治療のための痛みが生まれないことが重要です。

痛みをともなわない技術
当院では、麻酔時の痛みを和らげる電動麻酔の設備も整っています。ところが、あまり使われることはありません。たしかに、電動麻酔は麻酔時の痛みを抑えるのに有効ですが、まったく痛みがないわけではありません。

同じように、手動麻酔が必ず痛いとも言えないのです。

麻酔時の痛みは、
1、麻酔薬の温度による痛み(麻酔液が体温に近いほど痛みを感じにくいと言われています。)
2、針を刺す時の痛み
3、麻酔薬を針から押し出す速さによる痛み(ゆっくり押し出す方が痛くありません。)
に分けられます。

電動麻酔によって対応できるのは3のみです。1は専用の保温器で対応できます。2は表面麻酔を塗ってから針を刺せばある程度痛みを和らげる事はできますが、私はさらにこだわって行なっています。

無痛治療2つの技術ポイント
針を入れる角度を選び、接点を最小限にすること。これが技術ポイントの1つ目。さらに刺した瞬間、針先がまったくブレないようにわずかに針をツイストさせます。これが技術ポイントの2つ目です。すると痛みは、ほとんど生じません。

この後、電動麻酔と同様に、ゆっくりと均一な量を一定の速さで押し出せば手動でも十分痛くなく麻酔できます。

上にあげた技術ポイントの2番目は、電動麻酔のような大きな器具で行うより手動麻酔のほうが適していると思うのです。


トップへ » 当院の特徴と診療科目 » 一般歯科(無痛治療) » 徹底した無痛治療へのこだわり


コールバック予約

PAGE TOP