トップへ » 当院の特徴と診療科目 » インプラント » 当院のインプラントの特徴

当院のインプラントの特徴

AQBインプラントAQBインプラント
当院が導入しているAQBインプラントは、骨と結合するための有利な特長を持ったHAインプラントです。治療をおこなった後、噛めるようになるまでの期間がとても短くてすむのです。どの患者さまにとっても、短期間で治療が終わる点は大きなメリットになるでしょう。

HAインプラント
インプラントは、歯槽骨と呼ばれる骨に埋め込まれるので、患者さまの骨の量や骨質によっては、インプラント治療ができませんでした。そこで、骨が痩せてしまっている人に対してもインプラントが施せるよう生まれたのがHAインプラントです。

HAインプラントの大きな特長は、チタンの表面に使われている材料が積極的に骨と結合しようとする素材である点です。

OAMインプラントOAMインプラント
通常のインプラント治療では、インプラントを入れたい部分の歯肉を切り開き、その下の顎の骨に歯科用のドリルを使って穴を開け、そこに人工歯根(インプラント)を埋めこみます。

「ドリルを使う手術」ということに対して、恐怖感や抵抗感を持つ患者さまもいます。そこで、ドリルを使わずに骨に穴を開ける方法が、OAMインプラントなのです。

骨を削らないので傷も小さく、痛みもなく、出血もほとんどありません。そのため治りも早く、従来の治療法に比べて通院も短くて済むのです。神経、血管の損傷が起こらないため安全性の面でもメリットがあります。

当院は、このOAMインプラントの認定医となっています。


トップへ » 当院の特徴と診療科目 » インプラント » 当院のインプラントの特徴


コールバック予約

PAGE TOP