トップへ » 当院の特徴と診療科目 » 歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療

欠けたり失われたりした〝歯〟には、補綴(ほてつ)と呼ばれる治療法と技術があります。補綴とは、簡単に言えば、義歯や被せ歯などの人工歯のこと。

補綴は、歯を失った場合の治療技術ですが、大切なことは歯を失わないことです。そこで重要になるのが、歯周病治療なのです。健康な歯を維持する第一のポイントは、歯周病にならないことです。

補綴は、あくまでも「補う」治療技術ですし、歯周病を持っていると補綴も長くもちません。歯科治療の最も大切な「土台部分」を治療・ケアするのが歯周病治療なのです。

このような考え方から、当院では歯周病治療にはとくに力を入れて取り組んでいます。

歯周病の進行と治療方法について

歯周病の進行と治療方法軽度歯周炎
歯周炎が進行し、歯周ポケットが3〜4mmほどになった状態。歯周ポケット内に歯垢や歯石がつくことで、炎症が広がっていき、歯ぐきが通常よりも赤くなっています。

【治療】
●ブラッシングによる、歯ぐきの改善
●スケーリングによる歯石の除去、歯ぐきの中のルートプレーニング
●専門的な歯のクリーニングPMTC

歯周病の進行と治療方法中等度歯肉炎
炎症がさらに進行し、歯周ポケットが4〜6mmほどになった状態。歯を支える歯槽骨の吸収も進行していきます。この段階では、歯ぐきの腫れや出血など自覚症状が見られます。

【治療】
●ブラッシングによる、歯ぐきの改善
●スケーリングによる歯石の除去、歯ぐきの中のルートプレーニング
●専門的な歯のクリーニングPMTC
●歯周外科的な治療を行うことも

歯周病の進行と治療方法重度歯肉炎
中等度歯肉炎よりも、歯肉炎が進行した状態。日常的に歯ぐきに腫れが見られ、耐えがたい痛みが現れます。

【治療】
●状態に合わせて歯周外科手術、再生療法を

この段階になると完治させるのは難しく、抜歯となるケースもあります。大切な歯を守り続けるために、ぜひ定期検診にお越しください。

カテゴリー一覧

カウンセリングを行なっております

カウンセリングを行なっております

トップへ » 当院の特徴と診療科目 » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP